漢方の薬剤師の仕事内容について

漢方専門の薬剤師になるためには、漢方薬剤師の資格、勉強そして薬局・薬店での実務経験が必用になるでしょう。薬剤師資格を持っているからと言っていきなり漢方薬剤師にはなれません。漢方薬を扱えるのは、薬局か薬店になります。またお客様の相談にのりながら必用な漢方を販売すると言う行為には、資格が必要です。漢方を扱う薬局・薬店の従業員として漢方を相談販売しないのであれば、薬剤師や販売員として勤務する事が出来ます。

薬剤師をしていて漢方の世界に興味を持った方は、漢方薬局などで修業しながら、資格取得の勉強をします。漢方薬剤師に関しては、漢方薬・生薬認定薬剤師と言う資格があります。これは漢方薬や小約に関して専門業務分野の一定の能力と適性を持っているという認定資格の一つです。日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が実施する研修を受講し、試問に合格しなければなりません。永久資格ではなく3年毎の更新手続きが必用になります。更新には漢方薬・生薬に関する研修に参加し単位を取得します。

はれて資格取得となりましたら漢方薬局でのお客様の相談販売ができる漢方薬剤師となります。働き方としては、漢方薬局の薬剤師となる場合や、通常の薬局であっても漢方知識が役に立つといって重宝がられて採用になるケースがあります。調剤薬局では提携する病院の医師が漢方処方をする場合があるので、そういった業務に対応出来るように漢方薬剤師を採用するというケースがあるようです。

したがって漢方専門仕事をする場合、漢方を取り扱う一般的な薬局やドラッグストア等で大衆薬や医薬品の販売や調剤作業をすることと漢方薬のアドバイスや販売を行なうことを並行して行う場合があるようです。お客様の様々なニーズに対応するべく、薬局では漢方と健康食品を販売する等、業態開発が進んでいます。西洋医学の薬学に対して、東洋漢方医学の取り入れるべき点などを習得し、お客様へさらに幅広い対応が出来るように、サービスの充実を各薬局とも色々と画策しています。漢方専門薬局を開局したいという場合は別ですが、漢方薬剤師の資格を取得する事で転職に有利に働く場合もあるようです。

西洋医学の診療だけでは納得がゆかず漢方薬剤師に相談にいらっしゃる方や、漢方に対して漠然としたイメージで来店されるお客様のお話を聞き、必用なアドバイスや漢方薬の販売をします。勤務先によっては資格手当が付く場合もあるようです。

「漢方薬剤師」に特化して職を探したい薬剤師の方は今の時代は転職サイトへの登録が王道です。無料で希望の求人を紹介してもらえます。利用する場合は人気のサイトを使いましょう。当サイトでは、実績のある大手リクルートが運営するリクナビ薬剤師が1位を獲得しています。


>>薬剤師の求人を探すなら転職業界の雄「リクナビ薬剤師」が最もオススメ!<<

漢方の薬剤師求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • ・リクルートグループの薬剤師専用求人サイト「リクナビ薬剤師」では、大手人材派遣企業
     グループであることから、非常に多くの漢方薬剤師求人情報を保有
    しています。
  • ・一般的な薬剤師求人に比べ、求人数の少ない漢方薬剤師の選択肢を広げるチャンスです。
  • ・利用薬剤師さんのうち97.3%の方が、希望の転職を成功した高い実績のあるサイトです。
  • 漢方薬剤師求人の条件が向上するといわれる非公開求人を多数保有しており全体の75%程。
  • ・またキャリアアップ支援や仕事と家庭の両立支援など、様々なご要望に対応しています。
  • ・初めて漢方薬剤師転職を目指すという薬剤師さんにも、あなただけの非公開求人を
     専任アドバイザーがお探しします。登録は簡単、しかも全て無料で利用可能です。

詳細はこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • ・数多くの人材サービスを提供するマイナビグループの運営する、薬剤師転職サイトです。
  • ・「マイナビ薬剤師」を利用して薬剤師転職に成功した方の満足度は、94.6%です。
  • ・利用者の方々より、満足のゆく転職活動が出来るというご評価をいただいています。
  • ・エリア毎の漢方薬局求人の紹介に注力しているサイトです。日本全国をエリア分けし
     各地に拠点を設けていて地域密着・選りすぐりの漢方薬剤師求人情報を提供しています。
  • ・またマイナビ薬剤師の強みは何と言っても、コンサルタントの対応力にあります。
  • ・漢方薬剤師の好条件非公開求人も取り揃えていますので、漢方薬剤師という特別な職種への
     ご要望に、ベストマッチの職場をご提供します。
    もちろん他の薬剤師職も紹介可能です。
  • ・休みの話や給料の話など自身では言いにくい条件交渉も代行対応します。

詳細はこちら

ヤクジョ

ヤクジョ
  • ・薬剤師就職・転職サイトとして利用者数が増えて生きている「ヤクジョ」が3位!
  • ・本当に満足・納得行く転職を遂げたいという薬剤師さんへ、おすすめの転職サイトです。
  • ・ヤクステを活用して転職に成功された薬剤師さんのうち離職率は1%未満
     でした。
    これは求人マッチングのレベルの高さを証明する結果となりました。
  • 求人数の少ない漢方薬剤師求人においても、高いマッチング求人をご提供します。
  • 好条件の非公開求人では、ヤクステのみに委託された非公開求人を多々保有しています
  • 漢方薬剤師転職を今すぐご希望の方、転職を検討してみたい方等、様々なご相談ok

詳細はこちら

漢方の薬剤師の転職事情は?職はみつかりやすい?

漢方薬剤師の転職事情はどうなっているのかというと、薬剤師の転職先で多いのはやはり、ドラッグストアや薬局です。漢方薬局も薬局ですが、一般的な医薬品や大衆薬をあつかういわゆる薬局に比べると、店舗数が限られています。また漢方薬局のような専門的な店舗は、都心部に多く見られます。稀に希望する地域に漢方薬局があればラッキーですが、その店舗が漢方薬剤師を募集している保障はありません。

漢方薬剤師は薬剤師転職の中でも特殊な例です。ではどうやって求人を探すのかということになります。個人活動で漢方薬剤師の求人を探すのは、非効率的であり、確実に希望する求人に出会えるとは限りません。現在はインターネットの薬剤師専門転職サイトが数多く存在していますので、そうした専門店色サイトを活用すると良いでしょう。全国の薬剤師求人を網羅している大手の求人サイトや、特定の地域に特化した地域密着型のサイト等実に様々ありますので、比較検討してみると良いでしょう。

インターネット転職サイトでは、旬な漢方薬剤師求人情報が随時入ってきます。また転職サイトのキャリアコンサルタントが、漢方薬剤師の転職についてのアドバイスやサポートをしてくれます。どのような漢方薬剤師としての働き方があるのか、あらゆる選択肢の中からご自身にマッチした方法を選びます。

漢方薬局がすくないけれども、近年はドラッグストアや薬局のサービス拡充や業態変化で、漢方薬を扱うドラッグストアや調剤薬局があります。そうした店舗の漢方薬薬剤師として採用になる方法があります。漢方のスペシャリストとして資格手当が支給されると言うケースも聞きますので、これも選択肢の一つになるでしょう。

転職サイトを活用すると、転職に有利に働くようにサポートしてもらえます。漢方薬局のみの薬剤師という事であれば選択肢が少なくなりますが、薬剤師求人を多数扱うサイトであれば分母が大きいのでその分、漢方薬剤師求人数も多くなります。

漢方薬局薬剤師にこだわらない、むしろ漢方薬剤師の資格を武器にドラッグストアや薬局に転職したいということであれば、かなり転職先の選択肢は広がるでしょう。いずれにせよ、一般的な薬剤師職にくらべて漢方薬剤師の求人数は少ないですから、出来るだけチャンスを逃さぬように転職サイトを上手に活用していきましょう。

漢方の薬剤師求人の探し方は無料の転職支援サイト

漢方薬剤師として働こうとすると、まずは求人探しです。求人情報ソースとしては、近くにある漢方薬局の求人の貼り紙、近隣のハローワーク、新聞広告、求人情報誌、インターネット求人サイトなどが浮かます。しかし街中やハローワ−クでいきなり条件にあった漢方薬剤師求人が見つかるというのは、非常に低い確立です。仮に見つかったとしても、応募や面接等全て個人で動かなければならず、具体的な薬剤師転職対策が出来ていない場合、あなたのアピールポイントや伝えたい点が、うまく相手に伝わらないかもしれません。

漢方薬剤師と言う専門職の場合、やはり薬剤師専門の転職サイトを活用するべきでしょう。薬剤師でも専門職で専任の転職のプロのサポートが合った方が、あなたの希望に合っていてしかもあなたの長所を最大限に雇用側に伝える事ができます。さらに漢方薬剤師となると、専門的で求人数も限られています。

薬剤師専門の求人サイトでは、日々最新の求人情報が提携先から入ってきます。また漢方薬剤師希望の薬剤師として登録しておくと、仮にあなたが仕事中であっても、あなたに合った求人が転職サイトに舞い込むというチャンスを得られるのです。またどのような漢方薬剤師になりたいのか、そしてあなたの漢方薬剤師としてのキャリアに応じてマッチした漢方薬剤師求人はことなってきます。

漢方薬剤師の資格が無く、目指しているという方であれば、漢方を取りあつかう薬局や漢方薬局に勤務しながら資格取得を目指せる先、資格取得支援先などが望ましいでしょう。漢方薬剤師の資格は取得したものの、実際に漢方薬をカウンセリング販売した経験は無しとなると、未経験可で教育体制のととのえられた先ということになります。

このような詳細な状況まで個人転職活動で把握する事は難しいですね。薬剤師専門の転職サイトでは、これまでに漢方薬剤師の転職サポートをおこなってきています。それがどのようであったか過去の事例を聞く事で、安心する部分、参考になる部分があります。自分が知らなかった漢方薬剤師としての働き方に気付かされるかもしれません。働き方の選択肢が増える、専門的な視野が広げられると言った意味でも、漢方薬剤師のような特殊な職種を選択する方にとって、転職支援サイトの活用は重要です。こうした転職支援サイトは全て無料サポートであることが通例ですので、これも利用を取り入れやすい理由の一つですね。


>>はじめての「漢方薬剤師」の転職活動はこのサイトで最新求人情報を検索できます!<<