漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師のアルバイト・パートの求人

漢方薬剤師のアルバイト・パートの求人

薬剤師というのは、一般的にはパートやアルバイトの求人が多い仕事です。漢方薬局でも、パートやアルバイトの求人もありますが、一般の薬局に比べると正社員比率が高いといえるでしょう。それは、漢方薬局で即戦力になる人材を採用するのが難しいという現状によるものです。

たとえば、ドラッグストアなどはその大半が販売の仕事になりますから新卒でもそれほど困ることはありませんし、調剤薬局でも他の調剤薬局での勤務経験がある人は多いので、経験者が採用できるケースは多いです。また、薬剤師にとって資格取得のためにやってきた勉強は調剤薬局では役に立つことが多いので、仕事に慣れるのも早いのです。

しかし、漢方薬局の場合はそうはいきません。そもそも薬剤師になるために大学などで学ぶときでも、漢方についての授業はほんの数コマであり、とてもそれだけで漢方薬剤師としてやっていける量ではありません。しかも、漢方薬剤師は医師の処方箋によって調剤することもありますが、お客さんから体に関する相談を受けて、生活習慣や体質、症状などについて時間をかけて問診し、その人に合った漢方薬を調剤することもあります。特に、漢方薬の専門店ともなると、漢方薬剤師を信頼して訪れるお客さんも多いので、漢方薬やその効果や副作用などについての十分な知識が不可欠であり、経験のない薬剤師がすぐにできるものではないのです。

一般的に、アルバイトやパートでの採用は、即戦力を期待して行うことが多いです。薬剤師でもそれは同様で、アルバイトやパートでの勤務は、あまり教育に時間をかけなくても戦力として使える人を採用するのが一般的でしょう。漢方薬局でも同じで、ある程度漢方薬剤師としての経験があって即戦力として働けるのであれば、アルバイトやパートでの勤務も歓迎されますが、そうでなければ難しいかもしれません。実際、経験がない人が週数日の勤務や短時間で一人前になるのは困難な世界です。

逆に、漢方薬剤師としての経験がある場合は重宝されますので、正社員でもアルバイト・パートでも採用されやすくなるでしょう。経験者の場合は、正社員の求人であってもアルバイト・パートでの勤務を打診してみてもいいかもしれません。漢方薬局は個人店舗が多く、求人も欠員補充程度のところが多いので、求人数自体が少なくなります。急いで転職先を探すことなく、長期的に転職活動をするつもりで求人がでるのを待つほうがよいかもしれません。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!