漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師の自己PR

漢方薬剤師の自己PR

面接の際に担当者の印象に残る自己PRをすることは、漢方薬剤師として採用されるかどうかの大事なポイントですので、好印象を与えつつも、しっかり自分のスキルや経験をアピールしたいものです。

面接対策の全体について言えることですが、やはりこの自己PRでも、面接担当者が何を知りたいと思っているか、を分析してから、十分に準備して臨む必要があります。自己PRでは、企業側は漢方薬剤師としての能力や経験、そしてその人の人柄、仕事への姿勢、といったものを把握したいと考えています。そのため、一つ一つのポイントを踏まえつつ、謙遜な態度を取りつつ、積極的に話しましょう。

自分のスキルや経験をアピールする時には、こんなことができます、と単に羅列するだけでなく、そのために払った努力について語るのは大事です。そのことで、勉強熱心で努力家である、ということを同時に伝えられるからです。また、得意な分野があるなら、なぜそのジャンルに興味を傾けたか、といった理由またはエピソードを加えるなら、説得力が増しますし、印象を深めることができます。もし、病院もしくは薬局での勤務経験があるなら、どこでどれくらいの期間働いたか、というだけではなく、勤務中どんな点で努力してきたか、やりがいを感じたことなどを話すなら、より自分のスキルや経験について知ってもらうことができます。

自分の人柄や仕事への姿勢を相手に伝える、というのは一見難しそうに見えますが、やはりここでも、面接担当者が漢方薬剤師に期待することを考えれば、自然と分かってきます。例えば、漢方薬剤師は医療従事者として誠実に働き、信頼され、患者さんに細かな配慮ができる必要があります。そのため、自己PRの際には、今まで働いてきた中でどのように患者さんと接してきて、どんな感想や感謝の言葉をいただいたのかを、実際の経験として話した上で、自分の人柄を強調できるでしょう。ただ単に、「私は誠実に働きます。」と言っても、言葉だけになってしまいますので、相手を納得させるような実例を挙げるのは肝心です。

また、病院勤務などでは特にチームワークを大事にして業務を行いますので、そういった点も自己PRに含めたいものです。学生時代や以前の職場で、どのように仲間や上の人と接して学んだり働いたりしてきたか、と言った点を具体的に伝えましょう。このように、企業側が聞きたがっているポイントを押さえた上で、自分の長所を挙げるだけでなく、それにまつわるエピソードや具体的な例を示して話すなら、より良い印象を与えることができ、有効な自己PRとなるでしょう。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!