漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師の転職と研修

漢方薬剤師の転職と研修

薬剤師は国家資格が必要な職種ですから、資格を取得ている時点である程度の知識はあるはずです。しかし、実際仕事をしていくとなると、それだけの知識では十分ではありません。調剤薬局やドラッグストア、病院、製薬会社など、薬剤師の活躍の場は広く、どんな職場で働くかによっても異なりますが、働きながら常に勉強を続けなければなりません。

漢方薬剤師の場合も同様ですが、漢方薬局の場合、普通の薬局のようにチェーン展開しているところは少ないので、ほとんどが個人経営の店舗になります。チェーン店舗している薬局の場合はたいてい組織的に研修会なども行っているのですが、個人経営の場合はそういったものはほとんどありませんから、現場の仕事の中で覚えていったり、外部の研修に参加することによってスキルアップを図るのが一般的です。

外部の研修と言っても、漢方に限った研修はそれほど多くはないのですが、漢方薬・生薬認定薬剤師になるための研修会を受ければ、資格取得にもつながるので一石二鳥でしょう。薬局によっては資格取得のバックアップとして、費用負担をしてくれる場合もあります。この資格があれば、日々の業務の役に立つだけでなく、転職する場合にもプラスになります。とはいえ、費用負担をしてもらって資格取得をする場合は、資格取得後すぐに転職するのは円満退職の妨げになる場合もありますので、ある程度その知識を活かして働いてから転職活動をしたほうがいいかもしれません。また、日々漢方をメインに扱う漢方薬剤師だからこそ、通常の製薬については研修を受けないと知識が古くなってしまうこともあります。漢方薬剤師であっても、知識の幅を広げるためにさまざまな研修を受けるのも良いでしょう。

組織だった研修制度がないことが多い個人経営の漢方薬局ですが、こういった漢方薬局の多くはお客さんひとりひとりが薬剤師に相談して自分に合った漢方薬を購入していきます。そのため、薬剤師は漢方についての深い知識と、さまざまな症例についての経験が求められますし、実際こうした薬局のオーナーや先輩から学ぶことも多いでしょう。実践的な研修としては、これ以上のものはありません。組織的な社内研修はないかもしれませんが、それを上回るOJTがあるということになるのです。実際、それを希望して個人経営の漢方薬局への転職を望む人も少なくありません。とはいえ、個人経営の場合は規模が小さいこともあって、求人も少ないのが現状です。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!