漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師の面接対策

漢方薬剤師の面接対策

自分の希望と条件にかなった漢方薬剤師求人を見つけて応募した後は、履歴書を送って面接となります。採用の際には、面接がとても大きなウェイトを占めますので、事前によく準備して臨みたいものです。では、どのように面接対策を行えるのでしょうか。

漢方薬剤師の面接対策を考えるにあたっては、まず何が採用担当者の注目する点か、何を求めているかということを知る必要があります。当然、患者さんの健康に関わる医療従事者として働くわけですから、高い医療技術もしくは知識が求められます。履歴書を読むことで、学歴や漢方・生薬認定薬剤師として資格を持っていることは把握できますが、それが身についているか、ということは当人に直接確かめるしか方法がありません。

そのため、面接では、自己PRをする機会が通常ありますので、そのチャンスを活かして自分のスキルを伝えることができます。自分がいかにすごいか、ということを発表するのではなく、どんな分野に特に興味があり、こんな勉強をしてきた、といった心を込めて話せることを伝えるのがベストです。また、自分の経験を伝えることも大事です。その際にも、今までこんな業務を行ってきたが、勉強したこのような知識が役立った、と実際の具体的な出来事なども少し織り交ぜて話すなら、担当者もより理解しやすいですし、なにより仕事への積極的な姿勢を感じることができます。このように、単に職歴や能力を羅列するのではなく、自分の思いを込めて話すなら、相手に伝わりやすくなります。

また、薬局で働くにしても、病院勤務にしても、患者さんと接して細かな配慮をしていく必要があります。そのため、高い技術や深い知識があるというだけでなく、どんな人柄を持っているか、ということも採用のポイントになりますので、面接対策としてそのことも思いに留めておくことができます。礼儀正しくマナーを守るのは当然として、明るい雰囲気を保つようにしましょう。受け答えははっきり自信を持ってすることが大事です。たとえ高度な質問を投げかけられたとしても、消極的な態度になるのではなく、知っている範囲で明確に答えるようにしたいものです。実際の仕事では、患者さんからの様々な質問や相談に対応することになります。そして、患者さんは漢方薬剤師の自信のある態度を見て、より信頼して治療に応えたり、薬を大事に服用したりするようになるわけですから、面接の際にもそうしたイメージを忘れないようにしたいものです。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!