漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師になるには

漢方薬剤師になるには

漢方薬剤師になる為には、薬剤師の資格だけでなく漢方や生薬に関する専門知識と認定資格や、漢方薬剤師としての職場での実践経験が必用になります。漢方薬剤師を目指すきっかけとなるのは、薬剤師さんによって様々ですが、どのタイミングにおいても漢方薬剤師の存在に気付き、興味を持ち、わたしも漢方薬剤師になってみたいという志を持つ事が、まずは大切ではないでしょうか。

大学での漢方学講義を受けて、既に漢方薬剤師になりたいという方がいるでしょう。そういった方は、薬剤師資格を取得し、漢方薬・生薬認定薬剤師資格を取得します。大学卒業後の就職先には、漢方薬局や漢方を取り扱う薬局や病院に就職し、漢方薬剤師を目指す方法があるでしょう。こうした就職先では、漢方薬・生薬認定薬剤師資格取得を推奨している職場が多いのです。職場での経験、資格取得のサポートを経て漢方薬剤師になる方法です。

通常に薬剤師を続けるうちに、漢方薬剤師の仕事に興味を持ったという場合があります。職場で漢方を取り入れるようになった、友人薬剤師から漢方薬剤師の話しを聞いたなど、あるきっかけで漢方薬剤師に興味を抱く訳です。いざ漢方薬剤師を目指そうとなると、情報が不足しがちです。そうした方は、薬剤師専門の転職サイトに相談してみましょう。あなたに合った漢方薬剤師の目指し方をアドバイスしてくれるでしょう。新卒薬剤師から漢方薬剤師を目指す際にも、薬剤師転職サイトの活用は有効的です。漢方に関わる新卒薬剤師の求人も取り扱っているからです。

漢方薬剤師の現場を知る為の実戦経験をどのようにとらえるのか、漢方薬・生薬認定薬剤師資格をいつどのように取得するのかを検討しましょう。資格取得後は、現場での実戦経験あるのみです。とはいっても漢方薬・生薬認定薬剤師資格は3年毎の更新や更新の為の研修と単位取得が必用になりますが。

漢方薬剤師と言っても様々です。漢方薬局の漢方薬剤師、薬局やドラッグストアでは漢方を取り扱う事でお客様のニーズにお応えするという流れも生まれています。調剤薬局では、提携する病院が漢方を取り入れているため、それに対応して漢方を扱っている場合もあります。病院でも漢方薬を取り入れると言う流れがあります。漢方薬剤師の活動の場は、今後広がる可能性を持っていますので、そうした情報を得ながら、自分がどのような漢方薬剤師になるのか、具体的な漢方薬剤師像を描いてゆく事が必要です。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!