漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師になるには

漢方薬剤師になるには

漢方薬剤師とは、一般的には漢方薬局に勤務する薬剤師や、漢方薬についての十分な知識をもつ薬剤師のことを言います。資格の面では、漢方薬は薬剤師の資格で扱うことができますから、大学などの薬学部で学び、国家試験を受けて薬剤師の資格を取れば、漢方薬局でも薬剤師として働くことは可能です。そこで勤務しながら知識をつけて、漢方薬剤師として働いている人も少なくありません。

一方で、漢方薬剤師として資格を取りたいとなると「漢方薬・生薬認定薬剤師」ということになりますが、これはあくまで漢方薬についての十分な知識があると認定するものであって、これがないと漢方薬が扱えないというものではありません。ただし、漢方薬局へ転職したいという場合は、この資格があるとかなりプラスには働くでしょう。

漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得するためには、薬剤師の資格を持っていなければなりません。その上で、日本薬剤師研修センターと、日本生薬学会による「漢方薬・生薬研修会」へ参加し、修了することで試問を受ける資格を得ることができます。これに合格し、研修センターに申請を行うことで、漢方薬・生薬認定薬剤師証の交付を受けることができるのです。ただし、この資格は3年毎の更新が必要で、その都度研修を受けて単位を取得して申請しなければなりません。

こうした資格取得は、漢方薬剤師になる上で必ず必要というわけではありませんが、持っていることで患者さんに対しても医師に対しても説得力を増すことができますし、自分でも自信を持って漢方薬についての説明ができるようになるでしょう。また、研修を受けること自体、漢方薬剤師の勉強になりますので、チャレンジする価値は十分にある資格です。薬局によっては、資格取得のサポートをしてくれるところもあるので確認してみてもいいかもしれません。

一方、漢方薬局で働きながら、実務を重ねることで漢方薬剤師としての知識を身につけることも可能です。実際、漢方薬局であっても、薬剤師であれば問題なく働くことができるので、薬局で薬剤師として働くうちに漢方薬に興味を持ち、漢方薬局に転職したり漢方・生薬認定薬剤師を目指す人も少なくありません。最近は漢方薬も一般の医薬品も両方扱う薬局も増えているので、まずはそういうところで働きながら少しずつ漢方についての勉強をしていくのもよいでしょう。漢方薬の効能が見直されつつあることもあって漢方薬剤師としての知識をもつことは、薬剤師として仕事の幅が広がります。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!