漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師の年収

漢方薬剤師の年収

漢方薬剤師として働こうとする際、気になるのはその収入ではないでしょうか。収入相場を把握しておかなければ、漢方薬剤師となったときの生活をどう組み立てるのか、また人生設計をどうするのかといった中長期的なプランを想定する事は出来ませんね。漢方薬剤師の収入に関しては、職場や雇用条件などによって異なります。まずは年収相場等を把握して、その上でご自身がどのような職場でどのように働くかを検討すると良いと思います。

漢方薬剤師の職場には、漢方薬局、一般的な薬局やドラッグストア等が考えられます。漢方専門の漢方薬局で正社員として働く場合、年収相場は450万円前後といわれています。ドラッグストアや薬局に勤務する場合、年収相場は550万円前後になります。また漢方薬剤師の資格や経験を活かして、病院薬剤師になる道もあるでしょう。病院薬剤師の年収相場は500万円前後といわれています。相場では漢方薬局薬剤師が、他の薬剤師よりも低い給与水準となっています。

いずれの職場で働くにせよ、経験や職場の給与規定等により年収は異なります。また最初は年収450万円であったとしても、その後のキャリアーを重ねる事で収入アップするということは充分に考えられます。まずは年収相場としてとらえ、漢方薬剤師求人の選定の参考にしてみましょう。薬剤師求人探しの方法として、インターネット転職サイトの活用があります。簡単にそして効率的に転職活動ができることから、近年一般的になってきました。

転職サイトの非公開求人サービスを利用すると、相場よりも高水準な年収の漢方薬剤師求人に出会う確立が高まるようです。先に述べたように、漢方薬剤師といっても様々な職場があります。選ぶ職場によって年収には差があるでしょう。転職する際には、これまでの年収よりもアップさせたいと思うのは当然です。年収の希望を叶える為にも転職サイトの活用は欠かせないと言えるでしょう。

年収相場が一般的な相場よりも少ない漢方薬剤師になったとします。しかし前職よりも自分らしく働ける職場であったり、経験によって順当に給与昇級する職場であったりしたら、安定した勤続年数となり、結果生涯年収がアップする事に繋がるでしょう。前職よりも年収アップしたとしても、いごごちがわるく多忙でストレスの多い職場であったとしたら、これはミスマッチです。離職に繋がってしまいます。年収をどうとらえるのか、自分なりの価値観が必要でしょう。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!