漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師の求人@大阪

漢方薬剤師の求人@大阪

大阪も漢方薬局が多い地域になります。特に大阪市内や、堺市などに有名な漢方薬局がいくつもあり、どちらかというと府の南部のほうが漢方薬局が多い傾向はあるでしょう。特に昔ながらの漢方薬局はその傾向が強く、北部にもそういった漢方薬局はいくつもありますが、カフェを併設していたり、オシャレな内装の新しいタイプの漢方薬局は府の北側に多くなります。

大阪は、他の都市に比べて漢方薬局が多いだけあって、1店舗に何人も薬剤師がいたり、何店舗も支店がある規模の大きな漢方薬局も珍しくありません。そのため、漢方薬剤師の求人としては、他県よりも多いというのは確かでしょう。とはいっても一般の薬剤師に比べるとかなり数は少なく、常に求人が見つかる状態ではありません。交通網が発達していて、広範囲の通勤が可能な大阪であっても、通勤圏内で漢方薬局の求人が見つかるのは稀ということになりますし、求人数が少ないため競争率も高くなります。また、大阪は紹介で採用が決まってしまうことも多いので、そうなると求人すら出ないということも多いでしょう。スタッフを探している漢方薬局があれば耳に入るように、人脈を築いておくことも大切です。

漢方専門薬局に限定しないのであれば、大阪は薬局の求人自体は豊富にあります。また、漢方を専門に扱っていなくても、漢方も扱っている、という薬局は多いので漢方に携わる仕事は簡単に見つけることができるでしょう。漢方も扱う一般の薬局で働きながら、漢方の勉強をする薬剤師も多いです。大阪は昔から漢方を使用することが自然に行われてきた地域でもありますから、お客さんも漢方に対する敷居が低く、積極的に生活に取り入れる人も多いです。それだけに、漢方薬剤師に対する要求も高くなりますので、しっかり勉強する必要はあるでしょう。漢方薬・生薬認定薬剤師の資格取得をするなど、漢方に対して知識が深いというアピールも大切です。

また、大阪からは京都や神戸など隣県への通勤も可能ですから、近畿全域で求人を探すという方法もあります。そのぶん漢方薬局の数も増えるので、選択肢は広まるでしょう。また、大阪から府外へ通勤する人に比べて、隣県から大阪へ通勤する人の数のほうが多いため、大阪の漢方薬局は近畿全域から応募が集まることになり競争率は高くなります。近隣の県や、郊外のほうがあっさり決まることもありますから、通勤については府内で探すのではなく路線で探して、通勤可能であれば府外も対象にしておきましょう。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!