漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師の履歴書

漢方薬剤師の履歴書

漢方薬剤師の就職活動において、とても重要なのが面接と並んで履歴書です。たった数ページの紙の情報ですが、そこから就職希望者の能力、経験、人柄、資質など様々なものを読み取って、採用の可否を決める基準とするからです。そのため、一見同じようなことしか記入できないように見える履歴書ですが、大事なポイントを押さえ、担当者の印象に残るようなものとできるように工夫することができます。

まず、基本的なこととして、丁寧にミスのないように全ての記入する、ということは言うまでもありません。誤字脱字があるなら、修正するのではなく、新しく書き直しましょう。貼付する写真も、ちゃんと写真屋さんで撮ってもらったものの方が印象が良くなります。採用担当者は相当数の履歴書を見てきていますので、ちょっとした違いもすぐに分かります。また、本人に関する情報や学歴、職歴などは細部まで、面倒だと思わずに記入しましょう。例えば、大学名、学部の名前を正式名称で略さずに書くことや、勤務していた会社の店名だけでなく、正式な企業名から書く、ということです。そのような丁寧かつ正確な記入から、その人の人柄や勤務態度をイメージしていますので、決しておろそかにしないようにしましょう。

転職を考えている人なら、職歴の欄も丁寧に記入しましょう。今まで働いた漢方薬剤師としての職場の情報だけでなく、なぜやめたのか、という理由も書く方が良いです。その際には、決して消極的な印象を与えるような理由を書かないように気をつけたいものです。勤務時間での条件が悪かったから、と書くより、家族のために時間をより取る必要が出たから、と書いた方が与えるプラスの印象は大きくなります。履歴書は自分をアピールする機会なので、良くない印象を与えるような書き方は避けましょう。

また、志望動機の欄は具体的に記入するように心がけましょう。漢方薬剤師としての仕事への思いや、なぜその会社を希望したかを書くことができます。その際には、希望会社のどんな点が気に入ったのか、など具体的に説明するようにしましょう。具体的な志望動機ほど、思いが強く感じられるため、より良い印象を与えることができます。

このように、工夫次第でよりイメージの良い履歴書を書くことができます。また、就職・転職サイトではそれぞれ履歴書を書く際のポイントを教えてくれますし、専任コンサルタントが企業毎の詳細な情報に基づいた、効果的な記入の仕方をアドバイスしてくれますので、積極的に活用しましょう。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!