漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師の採用基準

漢方薬剤師の採用基準

漢方薬剤師の活躍の場は現在徐々に広がっています。漢方を扱う薬局のみならず、病院やクリニックなどでも、西洋医学に基づく処方だけでなく、漢方を組み合わせて治療を行うところが増えてきて、求人の幅も広がってきています。気になる採用基準はどんなものでしょうか。

漢方薬剤師として働くには、当然、漢方・生薬認定薬剤師という資格が必要になります。資格取得のためには、日本薬剤師研修センターと日本生薬学会による研修を受ける必要があります。その後、試験を受け合格したのちに、認定を受けることができます。一度認定を受ければずっと効力があるわけではなく、3年に一度更新が必要となり、その都度定められた研修を受けることになります。このようなステップを踏んで、認定された漢方薬剤師としての第一歩を踏むことになります。

そして、求人情報に基づいて応募するわけですが、採用基準は希望する職種により、多少異なります。一般的に多いのが、漢方薬局への就職ですが、この職場は医療従事者として働くと同時に、販売業、接客業としての仕事、という意味合いも強くなります。そのため、単に漢方に関する知識や技術が優れているだけでなく、接客サービスを行う者としての資質も見られることになります。

まず、何よりも明るく親しみやすい態度を示しているか、というのは採用の際に重視されるポイントです。漢方薬局という性質上、患者さんも漢方薬剤師に、自分の症状や病歴などを相談した上で、薬をもらいたい、と考えます。そのためには、相談しやすい親しみのある人かどうか、親身になって相談に乗ってくれるかどうか、といった点はとても大事です。当然、そうした接客における雰囲気は採用基準としては、重要なポイントですので、面接の際には自分のスキルや経験だけでなく、明るく配慮のある受け答えを心がけるようにしましょう。

また、もう一つの就職先のメインとなるのが、漢方を取り入れている一般病院です。心療内科や内科での漢方の活用が多いため、そうした科についての知識を持っていることは、大きなアピールポイントとなるでしょう。もちろん、採用基準の中に明確にどんな知識が必要であるか、という明記はないかもしれませんが、事前にどの科において漢方が利用されているかを調べて、準備しておくのは採用の可否に関わる大事な点です。また、採用基準の中には、病院勤務の経験を問うものもあります。同じ漢方薬剤師でも、薬局とは異なり、患者さんと時間を過ごし治療に当たりますし、他のスタッフとの連携も大事です。そうした理由から、病院勤務の職歴があるなら、大きな強みとなるでしょう。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!