漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師の正社員の求人

漢方薬剤師の正社員の求人

漢方薬局では、通常の薬局に比べて正社員比率は高い傾向にあります。もちろん漢方薬局によってはパートやアルバイトを使用しているところもありますが、全体としては正社員で働く漢方薬剤師が多くなるでしょう。それは、漢方薬剤師の特殊な仕事内容に関係しています。

薬剤師は資格職ですから、資格があれば必要とされる職場はたくさんあります。たとえばドラッグストアなどの場合、調剤などはありませんが薬剤師が常駐することで販売できる薬の種類が増えるわけですから、通常は販売など他のスタッフと同じ業務を行うとしても、「薬剤師を常駐させる」ことに意義があるのです。実際はたまにお客さんに質問を受けたときに説明するくらいで、通常は薬剤師でないと出来ない仕事をすることは少ないというケースも多いでしょう。

しかし、漢方薬局ではそうはいきません。お客さんが悩んでいる症状や生活習慣、体質など幅広い問診を行い、それを踏まえてその人に合った漢方薬を調剤するのですから、漢方薬そのものや症例、副作用などに関する深い知識と経験が必要です。そのため漢方薬剤師は毎日勉強を重ね、スキルアップしていくことが求められます。もちろんパートやアルバイトであっても一定以上の時間の勤務であれば可能でしょうが、週に数回、短時間の勤務で出来る仕事ではありません。

特に、漢方薬剤師の経験があるというわけではなく、通常の薬局から転職してくる場合はその仕事のやり方の違いに戸惑うことも多いでしょうし、仕事を覚えて慣れるまではかなり勉強しなければなりません。大変ではありますが漢方薬局の場合、他のスタッフも漢方に関して勉強熱心な人が多いところが多いため、お互いに刺激を与え合ってスキルアップできるところも多く、やりがいも感じやすいのがメリットです。こうしてある程度スキルを身につけたら、パートでの勤務も可能ですが、はじめのうちは正社員でしっかり勉強するというケースがほとんどです。

求人についても、未経験の場合は特に正社員での求人が多くなります。とはいえ漢方薬局は求人自体が少ないため、雇用形態で選ぶのは難しいかもしれません。しかし、正社員で働いたほうが、社会保険や賞与などの面でも待遇は良くなりますし、教育もしっかり行われる場合が多いです。スキルを身につけるという点でも、経済的な安定の面でも、まずは正社員での転職を目指すのがよいでしょう。求人が出るまで、時間をかけて探すことも必要です。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!