漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師の資格

漢方薬剤師の資格

漢方薬剤師に関する資格があることをご存知でしょうか。漢方薬局等に来店するお客様の相談にのり、アドバイスを加えながら漢方薬を販売するには、漢方薬局での経験と漢方薬剤師の資格が必用になります。日本薬剤師研修センターと日本生薬学会では、「漢方薬・生薬認定薬剤師制度」を設けています。これは、漢方薬や生薬に関する専門知識を持ち、その能力や適性を持つ薬剤師である事を認定する資格です。

漢方薬剤師を目指す場合、漢方薬局で経験を積みながら、「漢方薬・生薬認定薬剤師」認定資格を取得するという方法があります。認定資格未取得時は漢方薬局に勤務していても、お客様に漢方のアドバイスをして販売することは出来ません。お客様の指定薬の販売に留まります。しかし店主や先輩の漢方薬剤師の日々の仕事ぶりに触れる事は今後の漢方薬剤師人生に非常にプラスになります。また漢方薬剤師の現場を経験すると言うことは、漢方薬剤師になる為には必要条件の一つです。

「漢方薬・生薬認定薬剤師」の資格を取得する為には、日本薬剤師研修センターと日本生薬学会の実施する研修を受講し、試問に合格しなければなりません。合格後は晴れて漢方薬剤師となる訳ですが、この制度には3年毎の更新が必用になります。更新には研修を受け一定の単位を取得しなければなりません。

まず最初に認定資格を取得するには、漢方薬・生薬研修会として9回の講義と1回の薬物植物園実習を受講します。漢方薬・生薬研修会の受講方法には、座学・インターネットeラーニング、ビデオ集合研修など選択肢が用意されていますので、ご都合にあわせて選択します。平成24年度ですと、座学研修費用は60,000円、インターネットとビデオ研修は50,000円です。

9回の講義研修は、全部で45講演となっています。平成24年度の研修会の内容は、生薬学や薬用植物学、漢方概論、免疫・アレルギー論と続きます。日本漢方方の歴史や食品薬学、免疫調節作用、生薬の鑑定などを学びます。また中医学、漢方医学、生薬製剤や生薬原料の流通等に関して講義を受けます。アルツハイマーや遺伝子、がん治療と漢方・生薬に関する知識を修得します。その他、漢方薬剤師として必用な専門的な知識をこの研修によって修得します。

その後、終了証書が発行され、試問を受けます。合格者には認定登録と漢方薬・生薬認定薬剤師証が発行されます。認定手数料は、初回・更新共に20,000円必用になります。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!