漢方薬局の薬剤師求人トップページ > 漢方薬剤師の転職のポイント

漢方薬剤師の転職のポイント

漢方薬剤師を目指すにはいくつかのポイントを事前に理解してから、転職活動をすすめると非常に有意義な活動となるかと思います。漢方薬剤師になるまでの道のりには、いくつかの選択肢があるということです。まず漢方薬剤師として働けるようになる為の大前提として、「漢方薬・生薬認定薬剤師」の資格が必要です。

日本薬剤師研修センターと日本生薬学会の実施する研修会を受講し、その後試問に応え合格後、認定登録・証書が発行されます。研修会と認定には手数料が発生します。この認定制度は3年毎の更新が必要で、その際にも手数料がかかります。資格認定を受けてから漢方薬局に勤務するか、修業のみとして資格取得前に漢方薬局で働くかという選択肢があります。

漢方薬剤師になる為には資格を取得し必用な専門知識を得特して、お客様に信頼のおける存在である事は重要です。それと同様に重要なのが、漢方薬剤師としての実戦経験です。漢方薬剤師資格がなければ、お客様のお話を聞き漢方薬を販売する事は出来ません。しかし薬剤師として漢方薬局に勤務し、先輩の漢方薬剤師の仕事に触れる事が出来ますし、カウンセリングをせずお客様が指定する漢方薬のみ渡す事はできます。実際の職場の実践感覚を身につけるという事が、資格と同時に重要です。

資格を取得してから漢方薬局に転職という方法もありますが、まずは漢方薬局や漢方を扱う薬局に転職してから資格取得を目指す方が多いようです。漢方薬局や薬局、病院によっては、「漢方薬・生薬認定薬剤師」の資格取得を推進している職場もありますので、そうした職場で働きながら職場のサポートを経て、漢方薬剤師を目指すのはスムーズな方法でしょう。

漢方薬剤師になったら、次は働き方です。現状の漢方薬局や漢方を取り扱う薬局勤務でキャリアを積む道と、新たに転職先を探す道があります。一つのターニングポイントになりますので、薬剤師専門転職サイトのキャリアコンサルタントに相談すると参考になるアドバイスを得られるかと思います。今後の漢方薬剤師人生を考え、どうするべきなのかじっくり考える時間を作ることは重要です。

また転職のプロに相談する事で、これまで知らなかった新しい漢方薬剤師としての生き方を見つけられるかもしれません。転職サイトでは、これまでのあなたの経験を評価してくれる漢方薬剤師の職場、今後のキャリアプランや人生設計のために転職するべき職場を一緒に探してくれるでしょう。

>> TOPページで漢方の薬剤師求人に強い転職サイトランキングをチェック!